So-net無料ブログ作成
検索選択

NO.679 港町猫と…痛快なる本。 [猫と・・]

おばんどす^ ^
じきに日付変更線にぶつかりそうでする。
今日はどないしたことでしょ?
アクセス数が過去最高ですねん。
IMGP0803-6.jpg
嬉し恥ずかしなsuzu*さんでおます。



港町に行ってきました。
しかぁ〜し、まだ港までは辿り着いてまへんです。
今時分やと何処にでもワイルドに咲いてはるドクダミの花。
IMGP0755-6.jpg
空き地の杭の周りにも…
IMGP0751-66.jpg
空っぽになった廃屋の木戸口にも…
IMGP0811-6.jpg
「良薬口に苦し」と言いまするが ウチにも必要なのかもしれませぬ。

おやっ?
出会えましたな=(^.^)=
仔猫を産んだばかりのようなママ猫さん。
IMGP0813-6.jpg
どちらへ?
「ちょいとソコまでぇ〜♪」
IMGP0815-6.jpg

そぅそぅ。 ただ今むちゃくちゃ楽しんどる本を紹介しまひょ。

ローカル線で行こう!

ローカル線で行こう!



借り物レビューは…
『県下最大のお荷物といわれる赤字ローカル線、もりはら鉄道は、廃線の瀬戸際に立たされていた。
再生を図るため、前社長が白羽の矢を立てたのは……なんと新幹線のカリスマ・アテンダント。
篠宮亜佐美。三十一歳、独身。
「この鉄道の経営は、素人以下です」「お金がないなら、智恵を出すのよ!」
県庁から送り込まれた鵜沢哲夫以下、もり鉄社員は戸惑うばかり。
しかし、亜佐美は社長に就任するや、規格外のアイデアを連発し、鉄道と沿線の町はにわかに活気づいていく。
一方、時を同じくして、列車妨害、駅の放火、台風による崖崩れと、数々の事件が亜佐美たちを襲う。そんな中、社員すべての希望をかけた「もり鉄フェスティバル」の日がやってくるが……。
赤字鉄道の再生は? 寂れた沿線の町おこしは?
そして、不穏な事件の真相は? もり鉄に明日はあるのか?』

いやいやいや。 もぅ痛快すぎて(*´艸`)
ウチんとこにも似たような赤字路線があるんで
是非に駅長さんにプレゼントしたい本ですねんって。
以前に読んだ『県庁おもてなし課』と同んなじくらいパワフルさを感じまする。
ココまで故郷を好きでいられたら 幸せの度合いも違うてきますやろ。

IMGP0824-6.jpg
nice!(34)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 34

コメント 5

kazu-kun2626

おはようございます
我が家のドクダミも立派に咲いてますが
八重咲きドクダミはまだ咲いてません~
最後の紫の花も素敵ですね
by kazu-kun2626 (2014-05-30 07:54) 

リュカ

面白そうな本ですね^^
図書館で借りてみようかな♪
by リュカ (2014-05-30 10:28) 

akihiro-s

最後の猫ちゃん、虎の如し^^
by akihiro-s (2014-05-30 10:42) 

彩風

どくだみの花かわいいですよね。
ちょっと名前で損をしているような気がするけれど・・・
赤字ローカル線の本とても面白そう。
肩の力を抜いて読めそうです。
by 彩風 (2014-05-30 16:54) 

engrid

どくだみ、、困りものです、ドンドン勢力圏を広げてます
ここまでと線引きして、ご遠慮してもらっているの、、
花は咲くとなかなかいい風情ですけれど
しかし、夏ですね、もはや夏、、早くないですか
by engrid (2014-05-30 18:49) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。