So-net無料ブログ作成

NO.712 いっぱいあんのに。。。 [虫と・・]

書きたいこといっぱいあんのに ちっともPCに近づけない。
それにHDDのコードが見つからなんだで 蔵出しかて出来ひんの。

ちょい田舎からグンと田舎へ引越したらば
蝉が。。 夜中にも鳴いてはるのぉ~~
『蝉しぐれ』なんちゅうもんやありゃしまへんでぇ~(爆)
_6240190-6.jpg
でな今の時期やと窓からテラスの屋根から どこもかしこにも激突してはる^^




ミンミンミンミ~ん♪
ってな感じで鳴くのが蝉やと思うとった。
そやのに夜中の蝉は。。。 最後のアガキみたく身体ごともがいてはるねん。
そんでな次の日の朝は大変なことになっとんねんで。。。
_6240191-6.jpg
先日バイト行っとるはずの娘からメールがあってん。
「洗濯用ネットが落ちとったけん拾たったん。
持ち上げたネットからポロポロと落ちってったんは蟻ん子!
嫌ぁぁぁぁぁぁぁぁぁ(*_*;
でな、何やネットん中に入っとんねん。
ちっこくて干からびとって嘴がついとる ワケの分からん姿が見えてん。
オカン くれぐれも拾うて家ん中に引っ張り込まんとってなぁ~~」

帰り着いてネットを観察してみた^^
正体はっつぅと 煩く鳴いてはった蝉が一匹。
嘴? 口ばし? クチバシ?
娘よ。。 もっとワイルドになってくれぇ~~~~


久しぶりに本の紹介をば^^
#9(ナンバーナイン) (宝島社文庫)

#9(ナンバーナイン) (宝島社文庫)

  • 作者: 原田 マハ
  • 出版社/メーカー: 宝島社
  • 発売日: 2009/12/05
  • メディア: 文庫

借り物レビューは。。。
『一生、手放せない絵。
一生、忘れない恋。
東京でインテリア・アートの販売員をするOL、真紅。
仕事に挫折し、母親の待つ故郷に帰るべきではないかと悩んでいたある日。
ふと立ち寄った宝石店で出会った見知らぬ中国人紳士に運命的な恋をする。
真紅は「また会いたい」という一心で、紳士に渡された電話番号を頼りに上海へ渡る。
まるで見えない糸に導かれるように再会する二人。
未来は幸せなものかと思われたが--。
上海を舞台に繰り広げられる大人の恋愛物語。』

・・・ウン♪ ぎゅいぃ~んと引きこまれてしまいよりまする。
原田マハさんの書かれとる本はどれもイイ♪
その信じられる気持ちだけで読めるから不思議でする^^
(↑ まさに何のレビューにもなってまへんですな?)
nice!(33)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 33

コメント 5

彩風

蝉夜中にも鳴くのですか?
始めて知りました。
こちらでも昼間は合唱で賑やかです。
だんだん緑が少なくなっていくので蝉も大変だと思います。
娘さんは気持ちが優しいのですよ。
歳とともに繊細さがなくなり神経も図太くなっていくような気がします。
by 彩風 (2014-08-01 18:18) 

engrid

街の子やね、お嬢さん、
ワイルドに、ふふふですが、夜中にもなくのね
命短しだからかな、、、
by engrid (2014-08-01 18:23) 

すず

あー^^これなのね
蝉はちょっと大きいからね
かわいい~って感じではないかもだけど^^
蝉がわんさかいるなら そのうち慣れて
手でほいっと掴めるようになるかも

蝉しぐれも夏のほんの短い間なんだけど
静かな夜をつんざくほどの大合唱?
なんで夜中まで鳴くのかわからないけど

真夜中に・・・・愛を叫んでるのかもね

by すず (2014-08-02 12:52) 

akihiro-s

蝉が気がねなく季節のはずが、大雨が邪魔して
変な気候が続いていますよね^^
by akihiro-s (2014-08-03 11:33) 

甘納豆

アタシ、蝉て だめー。
玄関の前に落ちてたら
家に入れないの(´Д`)

がんばれ、むすめっちょ!
by 甘納豆 (2014-08-03 17:17) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。